赤ちゃんのアトピー見分け

アトピーが疑われる赤ちゃんは「新生児ニキビ」かも

新生児ニキビと赤ちゃんのアトピー

生後2週間から3ヶ月の小さな赤ちゃんに出来るニキビが「新生児ニキビ」です。アトピーは一般的には生後4ヶ月頃から現れますので、それより早く見られます。頬やおでこにぽつぽつとした発疹が出来ますが、かゆくはありません。アトピーの場合には頭の場合には顔よりも頭皮、耳の付け根部分などに多く現れかゆみが強いです。

赤ちゃんにニキビが出来る原因はママのお腹の中で受けたホルモンが影響しているとされています。ホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰になっていますが、赤ちゃんの毛穴はまだ未熟なため皮脂や汚れが毛穴に詰まりやすく、ニキビが出来るのです。

男の子の赤ちゃんの場合は女の子と比べても約5倍も新生児ニキビが出来やすいです。ホルモンの影響が薄れてくる3ヶ月頃には皮脂の分泌も落ち着いてきて、自然と新生児ニキビも改善していきます。

またホルモン以外の原因もあります。赤ちゃんは汗っかきですので、寝具や着ている服のちょっとした汚れからも雑菌が繁殖してニキビが出来やすいです。新生児ニキビは薬での治療をする必要はありませんが、ママがしてあげられることは清潔にすることです。

生後3ヶ月までの赤ちゃんは皮脂の分泌量が非常に多い時期です。沐浴の時にはしっかり泡立てた石鹸で全身を、新生児ニキビの出来やすい顔は特にしっかりと優しく洗ってあげましょう。顔を洗うのは慣れないうちはちょっと怖いですが、石鹸残りがないようにしっかりすすぎます。白や肌色のニキビのうちはかゆみもありませんが、炎症を起こして赤くなるとかゆみや痛みも出てくることがあります。

汗腺の数は大人と変わらないくらいありますので、汗をかいたらこまめに拭く、着替える、枕やシーツもこまめに交換します。清潔にして新生児ニキビを悪化させないようにすれば自然に収まっていきます。