赤ちゃんのアトピー見分け

アトピーが疑われる赤ちゃんは「あせも」かも

あせもと赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんに多い湿疹のひとつが「あせも」です。一般的なあせもでは赤い湿疹が出来てかゆみも伴います。新生児のあせもの場合には透明や白色で、かゆみはそれほどなく水晶様汗疹と呼ばれています。汗がたまりやすい首、手足の関節に出来るため、アトピーとも間違えやすいです。

赤ちゃんは大人より体温が高く新陳代謝も良いのに、まだ汗腺が未熟で分泌した汗が出口に詰まりやすいです。詰まった汗が皮膚の中に貯まり、常在菌の表皮ブドウ球菌が増殖して、炎症反応が起こり水泡になっているのがあせもです。

赤ちゃんは汗っかきな上、肉付きが良いため肌と肌の重なる部分が多いです。アトピーは手足の関節や頭部によく出ますが、あせもは汗がたまりやすい部分で起こりやすく、おむつで蒸れるおしりや腰周り、頭や首などによく出来ます。悪化すると広範囲に広がり膿を伴う「とびひ」になってしまうこともありますので、早めに対処してあげることが大切です。

あせものケアで一番大切なことは、汗をかいたままにせずに清潔にすることです。着せる服は大人より1枚少ないことを目安にして、室内の空調を快適に保ちます。冬場でも汗をかきますので、背中に手を入れて湿っていたら着せすぎている証拠です。

通気性の良い素材を選び、汗をかいたらこまめに取り替えて、入浴ではしっかりと皮脂と汗を洗い流してください。汗をかいたままほっておくとかきむしって湿疹を悪化させる心配があります。あせもが出来やすい赤ちゃんには、外出時なら濡らしたガーゼなどでこまめに汗を拭いてあげてください。

赤ちゃんのあせもは出来るのも早いですが、アトピーとは違ってこまめなケアをすれば治るのも早いです。もし皮膚が切れてただれてくるほど症状が悪化してしまった時には、早めに病院で薬を処方してもらいましょう。